@chezmamanさんでの花束レッスン。



秋晴れの良い天気。



秋のあったか色のお花たちに囲まれて…



テーブルを囲んでのお話しタイムも癒しのひととき…



l’automne 



 @voidapart



2日間ありがとうございました!



ゆったりと、じっくりと秋をみんなで感じれた。

幸せな時間でした。

次の La saison(季節)

をお楽しみに…







bouquet lesson(秋)



ちびっこたちに囲まれて

癒しの時間でした…

次回のレッスンは

bouquet lessonは

10/18(木)10:30〜

chezmaman(向日市)



今週末は…

こちらのイベント



10月13.14日10時〜16時 @voidapart 

l’automne – ロトンヌ -



mure | 季節の生花やリース

HACOMIDORI | ドライフラワーetc

Iremao.coffee | ハンドドリップコーヒーと焼菓子

papa food design | スープスタンド

【お花の定期便】



毎月沢山のご応募ありがとうございます。



※次回の募集は11/5(月) お昼12時より。





《10月のお花》



水無月

オランダセダム

ティナスベリー

バラの実

パンパスグラス

ルビーグラス

フェザリードグラス

ユーカリニコリー







お花の定期便2018年11月スタートお申込み受付終了しました。

たくさんのお申し込みありがとうございました。

お申し込み頂いたお客さまには、追ってご案内のメールを順にお送りさせていただきます。

3日ほどお時間頂いております。

万が一、3日経ってもメールが届かない場合は、お手数ですがメールアドレスを変更し、

HP contactよりご連絡お願いいたします。

『Sumida Yorikoさんのガラス花器』

に限定色の登場です!

右⇨クリアグレー

左⇨グレー

どちらもグラデーションが美しいシックな色合い。

どんなお花にもすっと馴染みます。

これからの季節にぴったりの2色。

——————————

【花器の説明】

ガラス作家のSumida Yorikoさんにお願いし、定期便に合わせたサイズで花器を仕上げて頂くことができました。

私の好きなお花にとてもしっくりくる優しい色合い…

1つ1つ手吹きで作られた、なんとも、優しいカタチ…

是非、定期便とセットで日常にお迎えください。

◯花器は1回の定期便にプラス2,500円(税込)でお届けします。

※花器単体での販売はしておりません。

◯サイズ開口8センチ 、高さ11センチ

※1つずつ手作業の為、色味や、サイズに個体差があります。

【10月のお花の定期便】



無事お手元に届きましたでしょうか…?



今月は秋の深まりを感じていただけるよう、グラス系の植物を沢山お入れしました。



明日10/8(月)のお昼12時より、11月便スタートの募集をいたします。



どうぞよろしくお願いいたします。

▷lessonのご案内

秋の花束レッスンをvoidさんにて開催します。

秋のお花をふんわり束ねます。

そして、レッスンのあとのお楽しみに…

京都で出会い、滋賀で再会した papaさんにお願いしました。

————

『Leçon de bouquet d’automne』

2018-10-25(thu)

10:30-13:30

@voidapart

5,200円

花束持ち帰り、ランチ付き

もちものなし

お申込みHPcontactより

.

———

papaは その地域のその季節に採れた食材を シンプルに料理します。今回は レッスン終わりに 秋の味覚をぎゅっと詰め込んだランチとドリンクをご提供させていただきます。

papaさんより

阪神百貨店

『1日限りのお花屋さん』

沢山のお客さまにご来店いただき、本当にありがとうございました。

お花の定期便9月便

今月のお花

ヒマワリ プロカットプロム

アナベルグリーン

セダム マトロナブラウン

ワイルドキャロットのタネ

ワレモコウ

パニカム チョコラータ

お花の定期便2018年10月スタートお申込み受付終了しました。

たくさんのお申し込みありがとうございました。

お申し込み頂いたお客さまには、追ってご案内のメールを順にお送りさせていただきます。

3日ほどお時間頂いております。

万が一、3日経ってもメールが届かない場合は、お手数ですがメールアドレスを変更し、

HP contactよりご連絡お願いいたします。

※次回の募集は10/8(月)お昼12時より。

『アナベルのリースレッスン』

綺麗なライムグリーンのアナベルで、

フレッシュ〜ドライになる過程を楽しんで頂けるリースを作ります。

ワレモコウとブラウン葉で秋らしくアレンジ。

あえてこんもりと、壁掛けリースとしても、置き型リースとしてもお楽しみいただけます。

・阪神百貨店

9/19(水) 11:00〜12:30 / 14:00〜15:30

リースサイズ25センチ程

下記webにて9/1からお申込み受付開始

http://hhinfo.jp/entry/hanshinhonten/event/detail/MURE0922

・宇治紅茶館

http://uji-kochakan.com/

初めての場所に伺います!

宇治の平等院にも程近い、とっても素敵な空間です。

お近くの方はもちろん。観光がてらに是非いらしてください。

9/27(木) 12:00〜14:00

@6500

お茶、お菓子つき

リースサイズ30センチ弱

予約方法:宇治紅茶館店頭またお電話(0774-25-3711)

もしくは mûreHP contact より

※ご予約後のキャンセルはお受けできませんのであらかじめご了承ください。

『秋の花束レッスン』

10/9(火) 10:30〜12:00

@4800(お茶代込み)⇨満席

近江八幡市駅から徒歩5分 個人宅(駐車場あります)

*自宅サロンの為ご予約の方のみ詳細お伝えします。

お申込みはHP contactより

.

昨日、京都のアトリエクローズに伴って、お世話になった方々、友人にお声かけし、ささやかなパーティーをさせて頂きました。

アトリエ最後に、大好きな皆さまと時間をともに出来た事をほんとうに嬉しく思います。

.

京都の拠点は無くなってしまいますが、これからも、滋賀、京都、大阪と、出張レッスンや、出張お花屋さん。お花の定期便。

.

あらたに、秋からはウエディングのお仕事。阪神百貨店さんでのお花屋さんなど、新しいチャレンジも待ち構えてます!

.

これからも、お花を通じて、色んな場所で、沢山の方々とお会い出来るのを楽しみにしています!

.

沢山のご縁を運んでくれた、atelierä。シェアメンバー yumiさんと、anbabaさん、2年半どうもありがとう。

.

.

.

.

お花の定期便2018年9月スタートお申込み受付終了しました。

たくさんのお申し込みありがとうございました。

お申し込み頂いたお客さまには、追ってご案内のメールを順にお送りさせていただきます。

3日ほどお時間頂いております。

万が一、3日経ってもメールが届かない場合は、お手数ですがメールアドレスを変更し、

HP contactよりご連絡お願いいたします。

▷お花の定期便のお知らせ

.

明日8/6(月) お昼12:00より

9月スタートのお花定期便を募集いたします。

.

8月はおやすみを頂きありがとうございます。

秋から心機一転また頑張ります!

.

まだまだ、残暑が厳しい時期になります。

暑さに強いお花を吟味し、ご用意させていただきたいと思います。

.

sumidaさんのシリンダー花器も全色揃っております。

.

皆さまのご応募お待ちしております。

.

.

Paris

.

フランスの旅から戻りました。

かれこれ5年ぶりでした。

.

パリは変わらず。

人は温かく。

活気に満ち溢れた刺激的な街でした。

.

chez thalie

かれこれ、働いていたのはもう10年も前。

.

1カ月間のバカンスに入る前だったのでお花は少なかったけれど。

.

パリの中で1番ホッとする場所。

.

.

Bourgogne!!

.

旅のまた旅。

予定には無かった

師匠パスカルの故郷でありセカンドハウスのあるブルゴーニュへ。

.

高台から見下ろす葡萄畑。

教会を囲む古い街並み。

.

フランスの田舎もまた、

とてもとても美しかった。

.

.

.

パスカルのセカンドハウスの近くには、小さな森がありました。

.

森には、野生のブラックベリーに、沢山の実がなる木々。

あちこちに自生するノラニンジン。

そして、緑の池。

どれもが私には宝の山でした。

.

パスカルは週末をブルゴーニュで過ごす事で、自然から沢山のインスピレーションを受けているという。

.

師匠と過ごす束の間の時間はとても、濃いものでした。

.

10年経った今も、以前と変わらぬあたたかく大きな懐で包んでくれる。

そして、今回は新たに加わった娘をとても可愛がってくれました。

.

20代の前半で、パリの一等地に店を持ち。30年以上たった今でも、大きなメゾンの仕事を次々こなし、仕事が生きがいだと言う彼女。

.

そんな師匠の背中から、沢山のエネルギーをいただき、旅は終わりました。

.

.